NovelJam

NovelJamとは、「著者」と「編集者」と「デザイナー」がリアルに集まってチームを作り、ゼロから小説を書き上げ編集・校正して表紙を付け「本」にして販売までを行う『短期集中型の作品制作・販売企画』です。

NovelJam

NovelJamとは、「著者」と「編集者」と「デザイナー」がリアルに集まってチームを作り、ゼロから小説を書き上げ編集・校正して表紙を付け「本」にして販売までを行う『短期集中型の作品制作・販売企画』です。

    マガジン

    • NovelJam 2018秋 参戦 / 観戦記など

      • 323本

      このマガジンには「NovelJam 2018秋」の参戦記や観戦記などをまとめていきます。「NovelJam 2018秋」は、2018年11月23日から25日に大学セミナーハウス(東京都八王子市)にて2泊3日の合宿形式で開催します。「著者」16名と「編集者」8名と「デザイナー」8名が参加予定です。公式サイトはこちら。 http://www.noveljam.org/ #NovelJam #ノベルジャム

    • NovelJam 2018 参戦 / 観戦記など

      • 66本

      このマガジンは「NovelJam 2018」の参戦記や観戦記などをまとめてあります。「NovelJam 2018」は、2018年2月10日から12日に大学セミナーハウス(東京都八王子市)にて2泊3日の合宿形式で開催。「著者」16名と「編集者」8名と「デザイナー」8名が参加、計16作品が生まれ、その日のうちに電子書店で販売開始され、いまでも購入可能です。後日、合本も制作・販売しています。アーカイブはこちら。 http://www.noveljam.org/category/archive/noveljam2018/ #NovelJam #ノベルジャム

    • NovelJam 2019' 参戦 / 観戦記など

      • 98本

      このマガジンには「NovelJam 2019' [dash]」の参戦記や観戦記などをまとめていきます。「NovelJam 2019' [dash]」は、2019年11月2日から3日に三鷹で開催します。公式サイトはこちら。 http://www.noveljam.org/ #NovelJam #ノベルジャム

    • NovelJam 2017 参戦 / 観戦記など

      このマガジンは「NovelJam 2017」の参戦記や観戦記などをまとめてあります。「NovelJam 2017」は、2017年2月4日から5日に東京都千代田区市ヶ谷(株式会社ブックウォーカー)にて開催。「著者」19名と「編集者」10名と「デザイナー」5人が参加、計17作品が生まれ、その日のうちに電子書店で販売開始され、いまでも購入可能です。後日、合本も制作・販売しています。アーカイブはこちら。 http://www.noveljam.org/category/archive/noveljam2017/ #NovelJam #ノベルジャム

      • NovelJam 2018秋 参戦 / 観戦記など

        • 323本
      • NovelJam 2018 参戦 / 観戦記など

        • 66本
      • NovelJam 2019' 参戦 / 観戦記など

        • 98本
      • NovelJam 2017 参戦 / 観戦記など

    最近の記事

    NovelJam 2018秋 観戦記第6話

    分厚い束になった原稿を運び、感慨深そうに白いカゴの中に入れる。緊張感の高い会場内の空気は、その瞬間だけ和らぎ、拍手が響く。続々と各チームがフィニッシュテープを切っているのだ。 朝9時。会場はがらんとしていた。チェックアウトの準備をしたり、朝食をとりに食堂へ向かっている。 原稿が積み重なり、ボックスから溢れそうだ。ようやくここまで、辿り着いたのだ。 ◆ 作品を書き終えたら、次は本にする作業だ。NovelJamでは毎回、BCCKSを用いて電子書籍の製作作業を行っている。大

    スキ
    7
      • NovelJam 2018秋 観戦記第5話

        11月24日、この日の八王子市の日の入りは16時31分。それとほぼ同時刻に、NovelJamは初稿戻しの時刻を迎えていた。編集と著者のコミュニケーションが、最も深まる時間帯。各チームの机の上には、赤い字が記された原稿が散乱している。 更に夜も更けていく中、2日目夜のビッグイベントが行われた。文学YouTuberベル氏による生配信だ。ベル氏は既に入れます自己紹介・プロットを確認しており、特に気になる作品は放送中にピックアップされていた。 エブリスタでのプロット公開と同じく、

        スキ
        3
        • NovelJam 2018秋 観戦記第4話

          2日目午後最初のイベントは、校正者・大西寿男氏による校正セミナーだった。 文章の書き方・直し方は人それぞれであり、それぞれの手法をすり合わせていくのは意外と難しい。今回の講演では校正の基本として、見落としを防ぎ、ミスを無くす心がまえを中心に説かれていった。 神妙な面持ちで参加者も言葉と向き合う。「校正12の知恵」を紹介するくだりで、大西氏が「ここがNovelJamでは一番重要かもしれませんね……」と呟くと、会場は思わぬ苦笑いに包まれた。 【ムリは見落としのもと】 ◆

          スキ
          6
          • NovelJam 2018秋 観戦記第3話

            本格的な執筆が始まったのは、19時半からだった。 最初のプロット公開まで、約1時間半。この間に各々が「家」に対するアイデアを膨らませていく。 プロットの公開はエブリスタ上で行われる。前回まではGoogleドキュメントで公開されていたが、読者との接点が発生しやすい場所かと言われると、難しいものがあった。 21時。公開を促すアナウンスが終わると、続々とプロットがアップされていった。 NovelJamに限らず、「初めて小説を書く」となったとき「プロットをどうするか」で躓かれる方

            スキ
            4

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • NovelJam 2018秋 参戦 / 観戦記など
            NovelJam 他
          • NovelJam 2018 参戦 / 観戦記など
            NovelJam 他
          • NovelJam 2019' 参戦 / 観戦記など
            NovelJam 他
          • NovelJam 2017 参戦 / 観戦記など
            NovelJam

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            NovelJam 2018秋 観戦記第2話

            NovelJamの華はチーム決めである。 突然、見ず知らずの人間が出逢い、本をつくる。いや、そういうイベントなのだが、真面目に考えると不思議なシチュエーションである。おかしいからこそ、初対面の瞬間はいつも以上に気合を入れなければならない。 今回は参加者全員による90秒の自己紹介が行われた。前回は編集者がプレゼンを行い、それを踏まえて著者とデザイナーが投票を実施した。そのレギュレーションは改定され、プレゼンの条件は参加者全てが等しくなった。 もちろん、事前にSNSで交流し

            スキ
            5

            NovelJam 2018秋 観戦記第1話

            NovelJamの朝は早い。 スカスカだった横浜線は、時が経つにつれて次第に、色とりどりの登山服を着た人々で溢れてきた。そうか、今日は3連休の始まりだった。とても今の気分は「休」ではない。 バスに乗り、会場に着き、徐々にスタッフたちが合流してきた。9か月ぶりの大学セミナーハウス。今回の会場は「講堂」である。 ◆ スタッフとしての初仕事は、会場への誘導だった。今大会は大学セミナーハウスの「講堂」という場所でほとんどのイベントを行う。バス停から坂道、階段と登り、本館に辿り

            スキ
            11

            NovelJamとは?

            「著者」と「編集者」と「デザイナー」。チームで挑む、集中創作道場。  NovelJamとは、「著者」と「編集者」と「デザイナー」がリアルに集まってチームを作り、ゼロから小説を書き上げ編集・校正して表紙を付け「本」にして販売までを行う『短期集中型の作品制作・販売企画』です。ジャムセッション(即興演奏)のように、参加者が互いに刺激を得ながらその場で作品を創り上げていきます。 イベントの目的ライブ・パブリッシング、あるいは、小説ハッカソン ・ チームによる出版創作イベントで「

            スキ
            11