見出し画像

NovelJam 2018秋 観戦記第3話

本格的な執筆が始まったのは、19時半からだった。
最初のプロット公開まで、約1時間半。この間に各々が「家」に対するアイデアを膨らませていく。

プロットの公開はエブリスタ上で行われる。前回まではGoogleドキュメントで公開されていたが、読者との接点が発生しやすい場所かと言われると、難しいものがあった。
21時。公開を促すアナウンスが終わると、続々とプロットがアップされていった。

NovelJamに限らず、「初めて小説を書く」となったとき「プロットをどうするか」で躓かれる方も多いと思われる。どういうルールで進めれば良いのか? と。
ぜひ、16本のプロットに目を通して欲しい。プロットとは自由であり、多様であることに気がつくはずだ。起承転結でベーシックにまとめる人、フォーマットにはめ込む人、もう既に書いている人……。

もうひとつ、他者のプロットを読んでいると「悩みの痕跡」にぶつかるのも面白い。この話を使うべきか。いや、削るべきか。改めて作品ができたとき、その痕跡を照らし合わせてみるのも、NovelJamならではの「読み方」と考えている。

2日目(2018年11月24日)を迎えた。初稿の提出は、お昼の12時である。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

NovelJam

NovelJamとは、「著者」と「編集者」と「デザイナー」がリアルに集まってチームを作り、ゼロから小説を書き上げ編集・校正して表紙を付け「本」にして販売までを行う『短期集中型の作品制作・販売企画』です。

NovelJam 2018秋 参戦 / 観戦記など

このマガジンには「NovelJam 2018秋」の参戦記や観戦記などをまとめていきます。「NovelJam 2018秋」は、2018年11月23日から25日に大学セミナーハウス(東京都八王子市)にて2泊3日の合宿形式で開催します。「著者」16名と「編集者」8名と「デザイナー...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。