NovelJam 2018 参戦 / 観戦記など

75
NovelJam2018(秋)推薦状【特に編集役希望者向け】

NovelJam2018(秋)推薦状【特に編集役希望者向け】

2泊3日の合宿形式で小説をつくるイベントことNovelJam。2月にこのイベントが終わった後も、参加者である僕は「編集とは何か」をよく考えている。 なので今回は、「NovelJamの編集役」について私見をまとめ、かつ今年11月の秋大会での多様な方々の参加に繋がればなあ…という思いで筆を握っている。 さて、僕はNovelJamに第1回大会は著者として、第2回大会は編集として、そして秋に開かれる第3回大会ではボランティアスタッフ(※お茶菓子配給担当)の一員として参加予定である。

スキ
10
NovelJam2018回顧録 最終回

NovelJam2018回顧録 最終回

不協和音のあとに 嵐は過ぎ去り、やや穏やかになった執筆部屋。 BCCKSのワークショップまでは暫く時間がある。少し寝たり、チェックアウトの準備をするのがベターだろう。 席には藤崎さんと藤沢さんが談笑している。みかん君は朝食に行っている。 ひとつ策を立ててみた。 僕の本業は食品メーカーのサラリーマンだ。お菓子もいくつか製造している。 そのお菓子を4人×3日分、僕は鞄に忍ばせていた。初日の午後3時と2日目の午後3時にそれぞれ配った。 その3日目の午後3時に配るお菓子を、今配

スキ
7
NovelJam2018回顧録 第7話

NovelJam2018回顧録 第7話

逸走 2月12日の朝5時、言葉を失った。 藤崎さんは仮眠をとっていて、原稿はもう一息だそうだ。いや、これはいい。 みかん君の原稿はあまり直っていない、それどころか、新しい話が加えられるかもしれない、と。 僕はわりと、心配性なところがある。 大丈夫? どうかしたの? 悩んでいませんか? ……ということをついつい聞きたくなる。が、そういうせっかちさは作家の気分を害することもある……と藤沢さんにたしなめられたので、ある時からじっと腕を組み原稿を待つことにした。 その心配性ぶり

スキ
3
NovelJam2018回顧録 第6話

NovelJam2018回顧録 第6話

「異」と「差」の違い Twitterの印象とは違うな。 ペンネーム「腐ってもみかん」君(以下みかん君とする)とのファーストコンタクトで抱いた第一印象である。 文章を書かせることで、よりその印象は前向きなものへと変わっていった。影がありつつも、大人っぽい艶がある地の文と登場人物。ラッパーということもあり、テンポも良かった。 アイスブレイクで話を聞いているうちに、社会問題への強い関心があることもわかった。社会派の小説か。そう言えば去年、藤井太洋先生が「もっと社会や政治を題材に

スキ
3
NovelJam2018回顧録 第5話

NovelJam2018回顧録 第5話

ローリング・ストーンズと山田太一 お題が発表された。T理事長がそれっぽいメガネをかけ、それっぽい額縁を持っていたので、おいおい小渕官房長官かよ! と小声でつっこんだら、本当に小渕氏のモノマネだった。そう、テーマは「平成」である。 平成か……。「平」「成」という漢字からアイデアを膨らませて書いて良い、という指示も出た。そういう使い方をした班も実際にはある。だが、E班は両作品とも時間軸や時代性をベースに作品は生み出された。意外とテーマをひねった作品も多かったので、我が班のスト

スキ
4
戦略note #NovelJam2018 電子書籍/セルフパブリッシング/プロモーション どこが駄目だと思いますか? β版

戦略note #NovelJam2018 電子書籍/セルフパブリッシング/プロモーション どこが駄目だと思いますか? β版

Ciao! 「NovelJam」(ノベルジャム)、それはーー 著者と編集者とデザイナーが集まってチームを作り、わずか3日間で小説の完成・販売までを目指す短期集中型の作品制作企画です。ジャムセッション(即興演奏)のように事前にあまり本格的な準備をせず、参加者が互いに刺激を得ながら、その場で作品を創り上げていきます。(公式サイト) というハッカソンイベント。 初回の2017年に続き、2018年も混戦模様の大会。2018年3月26日(月)、いよいよグランプリが発表されます。

スキ
4
有料
216
NovelJam2018回顧録 第4話

NovelJam2018回顧録 第4話

キーワードは「フォロワーシップ」 さて、第4話は実際にNovelJamでお話した自己紹介スピーチの掲載ということにする。本番は若干アドリブを入れたので、厳密には違うところもあるが、概ね同じということでご了承頂きたい。 来年は来年でNovelJamのレギュレーションは変わっているかもしれない。でも、こういう立場の人間が、こういう思いを抱いて編集役も参加しているんだな、ということが伝われば幸いである。 今大会では「和良さんのスピーチ良かったね」というありがたいお言葉を多数頂い

スキ
3
NovelJam2018回顧録 第3話

NovelJam2018回顧録 第3話

編集の命運はスピーチにあり! 運命の日である。 八王子の大学セミナーハウスに到着したのは、12時を少し過ぎたあたりだったろうか。そのわりには、もう席は半分近く埋まっている。みんなの並々ならぬ、熱意が伝わる。 受付を済ませ、席に案内された。僕はEの札が掲げられているところを訪れた。一人は根木珠さんだった。静かに本を読んでいる。ここは彼女なりに集中しているとみて、会釈のみとする。 もう一方は、昨年は編集で参加されていた藤沢チヒロさんだった。昨年も出てましたよねー? はい、

スキ
3
第2回 #noveljam 参戦記 part3

第2回 #noveljam 参戦記 part3

→part1~part1『参戦記』マガジン読み 前回のリアルタイム参戦記よりすこし間があいての投稿になりました。 そう前回は……二日目の午前中。 思い返せばいちばん優雅な時間だったなーと思います。コーヒーとおしゃべりを楽しむ余裕ももちろんありました。 当たり前のことでしたが、まさか昨晩のうちに練り上げたプロットを、本文におこし、15時頃には初稿らしきものができあがってしまうとは……。講演いただいた三木編集者のいう通り、昼過ぎに3000文字ほどでいったんの区切りで本文も

スキ
4
第2回Novel Jam 参戦記 part2

第2回Novel Jam 参戦記 part2

二日目の朝、朝食は7:00~8:00までのビュッフェスタイル。 著者の方もデザイナーの方もおのおの顔つきが変わってきたような。というのも・・ 二日目のスケジュールで、夜22時には初稿をださないといけないため!!締切が迫ってますね~ 明日の朝8時には最終稿(印刷物も含)提出しないといけないんですよね。誤字脱字チェックも考えるとコピー機の前で陣取る大学生の卒業論文行列のような状況も垣間見えるのですが、すでに1分1秒でも惜しいのが2日目の状況です。 そんななかAチームは・・

スキ
7