NovelJam 2018 参戦 / 観戦記など

31
ノート

NovelJam2018回顧録 最終回

不協和音のあとに 嵐は過ぎ去り、やや穏やかになった執筆部屋。 BCCKSのワークショップまでは暫く時間がある。少し寝たり、チェックアウトの準備をする...

NovelJam2018回顧録 第7話

逸走 2月12日の朝5時、言葉を失った。 藤崎さんは仮眠をとっていて、原稿はもう一息だそうだ。いや、これはいい。 みかん君の原稿はあまり直っていな...

NovelJam2018回顧録 第6話

「異」と「差」の違い Twitterの印象とは違うな。 ペンネーム「腐ってもみかん」君(以下みかん君とする)とのファーストコンタクトで抱いた第一印象で...

炒飯と可能性と山田章博賞と

●ノベルジャム2018参加記録 [追記] 3月26日、グランプリをはじめとした授賞イベントであるノベルジャム2018アワードへと赴く。どの作品がグランプ...

NovelJam2018回顧録 第5話

ローリング・ストーンズと山田太一 お題が発表された。T理事長がそれっぽいメガネをかけ、それっぽい額縁を持っていたので、おいおい小渕官房長官かよ...

ノベルジャムと再定義されたデザイナーと

●ノベルジャム2018参加記録 [最終回] あれから1か月半が過ぎた。 ノベルジャムにおけるデザイナーの仕事は主に「創作物の顔としてのデザイン」だ...

賞状と缶ビール

●ノベルジャム2018参加記録 10 [3日目] 最終日早朝、仕事場に戻ったら既に「ひつじときいろい消しゴム」の提出は終わっていた。結局米田さんはほ...

バーボンと対決の夜

●ノベルジャム2018参加記録 9 [2日目 夜] 結局「その話いつまでしてんだよ」のタイトルはその後どうなったのかというと、暫定タイトルがめでたく...

昭和の終わりとハードボイルド・ワンダーランド

●ノベルジャム2018参加記録 8 [2日目 午後] 「ひつじときいろい消しゴム」のデザイン制作は昼食を挟んで集中して行い、概ね完パケ近くまで持って...

ひつじときいろい消しゴム

●ノベルジャム2018参加記録 7 [2日目 昼] 2日目からの仕事場となる大学院セミナールームへと赴く。 森山さんの案についてはドライブにアップして...