NovelJam 2018秋 観戦記第4話

2日目午後最初のイベントは、校正者・大西寿男氏による校正セミナーだった。

文章の書き方・直し方は人それぞれであり、それぞれの手法をすり合わせていくのは意外と難しい。今回の講演では校正の基本として、見落としを防ぎ、ミスを無くす心がまえを中心に説かれていった。

神妙な面持ちで参加者も言葉と向き合う。「校正12の知恵」を紹介するくだりで、大西氏が「ここがNovelJamでは一番重要かもしれませんね……」と呟くと、会場は思わぬ苦笑いに包まれた。

【ムリは見落としのもと】

午後2時半。講堂の片隅に人だかりができた。Bチーム「Bukkowasu」のデザイナー、CAROL氏がライブペインティングを開始したのだ。

NovelJamは「ライブパブリッシング」のイベントであるが、それは著者だけでなくデザイナーにも当てはまる。

また、エブリスタへの初稿提出時に、表紙やイメージを添付するグループも徐々に出てきた。一方で、更なる高みを目指し、アイデアをより一層膨らませていこうと試みる方もいる。

装丁はグランプリの審査にも影響するだけに、完成した表紙がどのような過程と手法で出来上がっていったのか。それが明らかになるのも、NovelJam後の楽しみである。

▽ 現在の進捗状況はコチラ ▽


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

NovelJam

NovelJamとは、「著者」と「編集者」と「デザイナー」がリアルに集まってチームを作り、ゼロから小説を書き上げ編集・校正して表紙を付け「本」にして販売までを行う『短期集中型の作品制作・販売企画』です。

NovelJam 2018秋 参戦 / 観戦記など

このマガジンには「NovelJam 2018秋」の参戦記や観戦記などをまとめていきます。「NovelJam 2018秋」は、2018年11月23日から25日に大学セミナーハウス(東京都八王子市)にて2泊3日の合宿形式で開催します。「著者」16名と「編集者」8名と「デザイナー...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。