NovelJam 2017 参戦 / 観戦記など

22

NovelJam参加してきた記の6

2017年2月4日午前10時、市ヶ谷・五番町グランドビル7FでNovelJamが始まった。日本独立作家同盟、鷹野凌理事長が最初に発した言葉は「おはようございます」。会場に集った小説家が、漫画家が、20代が、50代が、白髪が(ぼくだ)びっくりするくらい素直な声で「おはようございます」と返す。続いて、この…

NovelJam参加あれこれ。その2。

一昨日、NovelJamの参加メンバー全員でマンションを一棟を買って、そこを創作の拠点にしよう!みたいなことになって、取りまとめ役の鷹野凌さんの説明をみんなで一斉に受ける……という夢を見ました。どんだけ楽しかったんですかね、私。というわけで、つづき。 NovelJamでは、実際創作始める前にも色…

NovelJam参加あれこれ。その1。

2017年2月4、5日、二日間にわたって「NovelJam」というイベントに参加してきました。 もう2週間経ってるので、あちこちでおもしろくてちゃんとしたレポートなど上がっていて、それらを読むことで満たされつつあるのですが、備忘録的に。 NovelJamは、かんたんに言うと2日間で小説書いて、本にして…

NovelJam参加してきた記の5

喫煙所から7階の会場に戻る。人が増えている。20代から60代まで、白髪(ぼくだ)からモヒカンまで、いろんな人がいる。星雲賞受賞作家さん、漫画家さん、漫画原作者さん、脚本家さんとかお顔を拝見したことのある方の姿も見える。どうやらマジらしい。2日間で小説を書き上げる小説ハッカソンというのは…

NovelJam参加してきた記の4

架空の鉄道会社制帽をかぶったSF作家さんと佇んでいると、若い女性が現れて総勢3人になった。「NovelJamですか?」「NovelJamです」「ぼくたちもNovelJamです」「NovelJam開場します」振り返ると9時で受付が始まっていた。黄色のカードホルダーは編集者の目印らしい。「古田さんはEチームです」「Eチー…

NovelJam参加してきた記の3

喫煙所は駅近くの小さな公園にあった。JR市ヶ谷駅ホームを見下ろしながら一服する。寒いから煙と吐く息の区別がつかないなと思ったとき、以前もここで煙草を吸ったことがあるのを思い出した。それはたぶん1995年7月で、ぼくはライターというものになろうとしている名古屋の小劇団員だった。やり方がわ…

NovelJam参加してきた記の2

2017年1月10日 日本独立作家同盟から「【NovelJam】選考結果のご連絡」メール届く。参加が決定。参加費払おうとしたらなぜかクレカが登録できず、コンビニ決済初体験。Loppi(ロッピー)というらしい。ろっぴー。 Twitterで「編集で参加することになりました」とつぶやいてみる。他の参加者はあまり…

NovelJam参加してきた記の1

「2日間で小説を書き上げる日本初の創作イベントをやるんだって。記者会見もやったらしいよ」「わあ、すごいね。大がかりだね。成功してほしいね」「参加しないの?」「え?小説は書いたことないからなあ」「そうなんだ。編集者も募集してるらしいよ」「編集といってもぼくはライター業の延長みたいな…

NovelJam 2017備忘録

さる2月4日から5日に渡って開催されました、短期集中型創作イベント「NovelJam」。当方も著者として参加し、『30年後へ「逃げ残り」』という競馬小説を生み出す運びとなりました。各種電子書籍ストアにてお買求め頂けますので、お買い求めいただければ幸いです。 さて、この2日間を終えた感想です…

Noveljam実況 #04

Noveljam2日目。 仮だったタイトルを正式に決めて、表紙チームに発注。あとは作家さんから原稿もらっては赤入れて、もらっては赤入れて。 お二人とも小説は専門ではないので、いわゆる描写が足りてないので、漫画でいう決めゴマの部分を中心にモリモリ盛っていく。 プリントアウトして赤入れるスタイ…