NovelJam 2018秋 参戦 / 観戦記など

7
ノート

百物語96話目「三百回忌」(実話怪談)

オカル友から聞いた話だ。

まずは霊じゃないけど、衝撃的だった話。

オカル友の妹と母が、かわいい虫を飼っていたそうだ。

いつも新鮮な葉を食わせ、それはそれはかわいがっていたのだけど、ある日、動かなくなった。

心配する妹と母。

が、その日はきた。

朝、ぎゃーという妹の声でオカル友は起きる。

「大きな蛾がいる! 虫ちゃんを助けなきゃ」

オカル友が行くと、目玉のような模様がくっきり浮き出た

もっとみる
ありあり~!
19

百物語88話目「お菊姫の話・後編」(実話怪談)

前回までのあらすじ――。

九州一の怨霊と言われるお菊の終焉の地を探していたオカル友

ついに、不思議な夢に導かれ、終焉地を見つけるが、凄まじい悪寒が止まらない。

そこへ、オカル友のオカル友である仏壇屋さんから電話がかかってくる。

「今、大変なことになっているんじゃない?」

何も話してないはずなのに、仏壇屋さんはいきなり聞いてきた。

それで、オカル友は、今まで起きたことを話す。

「あ~、

もっとみる
うれしー!
15

百物語87話目「お菊姫の話・中編」(実話怪談)

前回までのお話――。

番町皿屋敷で有名なお菊。そして、全国にはお菊という名で殺された女性がたくさんにいる。その中でも最強と言われるのが福岡の山田地蔵尊に祀られているお菊姫と母親とその侍女6人の怨霊。60人以上を取り殺し、九州一の怨霊と呼ばれている。

そのお菊姫が祀らている山田地蔵尊、ではない神社を調べたりしていたオカル友が、今度はお菊姫が命を落とした場所を探そうと調査を開始した。

ネットで見

もっとみる
ありあり~!
20

百物語86話目「お菊姫の話・前編」(実話怪談)

今回、ようやく話してくれた人から許可もらって書きます。

むしろ、これを一番書きたかったくらいの話なんで、三部構成!!

元ネタはこの話に出てきた本に関わる。

この回で、私が「検証四谷怪談」を妊娠中に読みふけって、家族に嫌がられた話をしましたよね。

私が夢中になったのは、お岩さんの話ではなくて、お菊さんの話。日本全国にお菊という名前の女性が、難癖つけられて殺される話がいっぱいあるんですよ。

もっとみる
ありあり~!
17

百物語84話目「めくれる」(実話怪談)

肉が焼かれてめくれているわけではない。

霊感のことだ。

私が好きな理論に、霊感の強い人と一緒にいると、次第に霊感が開花していくというのがある。

これはたとえば紙を何度もめくっていると、くせがついて、ちょっと浮いたようになり、開いてしまうことと同じだ。

霊感ゼロだった人が、霊感ありの人のせいで、急激に霊感がつくこともある。

これは、そんなお話。

友達がバーベキューをしていた。

そのバー

もっとみる
ありあり~!
17

百物語63話目「神社サークル」(実話怪談)

福岡では年末年始に美内すずえ先生の展示会があるらしく、地下鉄にはポスターがでかでかといくつも貼られています。

「ガラスの仮面」世代ですが、美内先生ががっつりスピリチュアルに転んだのを見て、「ああ、いってしまわれた」と思ったものです。

そして、一時期美内先生は、とある写真家と親しくしていたときがありました。後に亀裂が入り、もめるのですが。

その写真家は不思議な光が写り込む写真を撮ってたんですよ

もっとみる
ありあり~!
11

百物語14話目「おかっぱの女の子」(実話怪談)

私には定期的にオカルト談義をするために寄り合うオカル友・ポンくんがいる。

彼はその筋では有名なサイトを運営しているんだけど、今後の彼の話のために仮名で進めたい。

そんな彼に以下の娘の話をした。

彼は長年幽霊を見たいと、日々修行をしてるんだけど、なかなかバッチリとは見えないと嘆く人だ。

でも、最近、ちょこちょこ見えるようになってきたらしい。

で、私を通して見ながら、こう言った。

「おかっ

もっとみる
ありあり~!
7