NovelJam 2018秋 参戦 / 観戦記など

426

百物語19話目「留守番電話に住む男」(実話怪談)

公衆電話も使い方がわからない人が多いらしいけど、昔の家電話についていた留守電機能についても知らない人が増えたんじゃないかな?

今回は私が学生の頃に住んでいたアパートでの留守電の話。

先輩が住んでいたアパートに後釜で住むことになったんだけど、契約を決めた後に

「ここ、男の幽霊が出るから!」

と告白された。

それは最初に言ってほしかったけど、先輩曰く「なにもしないから」だそう。

家具とか備

もっとみる
またきてねー!
11