NovelJam 2018秋 参戦 / 観戦記など

425

百物語25話目「神隠しの話」(実話怪談)

昨日見たぼぎわんが「来る」は神隠しの話なんだけど、今回は私が子どもの頃に聞いた神隠しの話。

そう言えばここにも一度神隠しの話を書いてるなあ。

もう神隠しには合わないで欲しい。

さて、本題。

大人は子どもだからわからないと思って、意外と凄い話を傍らでする。

小さい頃、もうふたりの子どもがいる人に三人目ができて、どうしようという話を遊びの傍らに聞いてことがある。

赤ちゃんできるんだ!

もっとみる
またきてねー!
10

神隠しの話を書くと神隠しに遭う話

冒頭写真:© NPO法人日本独立作家同盟

※追記あり

冒頭写真は閉じ込められた場所のワンシーン。めっちゃ不気味なんすけど。好き!!

さて、私、このたび参加したノベルジャムにて、神隠しの団地の話を書いております。

実は……私には不思議な能力がありまして、話を書くと、その話の中のどこかが現実に起きてしまうんです。

え? モノ書きあるある?

まあ、それで今回も起きてしまったんですよ。

こち

もっとみる
ありあり~!
11