マガジンのカバー画像

NovelJam 2018秋 参戦 / 観戦記など

422
このマガジンには「NovelJam 2018秋」の参戦記や観戦記などをまとめていきます。「NovelJam 2018秋」は、2018年11月23日から25日に大学セミナーハウス(… もっと読む
運営しているクリエイター

#ノベルジャム

第4回NovelJamへのタイムカプセル

どうも、第3回NovelJamで全てのゴールを「最速」で切り抜けた著者
白色黒蛇です。

一昨日がグランプリでしたが、第3回の結果は残念なもんでした。
まぁ、なんとなく分かってましたが。
これは冗談とかでもなんでもありません。文字通りです。

何故なら、NovelJamで結果を出すために必要な「要素」がいくつか欠落していたからです。

これから語るあたしの最後の第3回NovelJam体験談が、第4

もっとみる

NovelJam白色黒蛇の軌跡

どうもおはこんばんちは、白色黒蛇です。

NovelJamグランプリまであと3日になりました。
この戦いも残すところあと3日間、少し寂しいような、それでもどこか達成感のようなものもあったりなんだりするのでしょうか?

とりあえず、これまでNovelJamで白色黒蛇がやってきた
「白色黒蛇ならではのプロジェクト」
をざっくり紹介してまいります。おさらい的なアレです。

①文フリ東京同日参戦

Nov

もっとみる

百物語85話目「クリームペンギン」(実話怪談)

娘のむっちゃんの話だ。

むっちゃんが、3歳くらいのときに、昼、赤ちゃんがお客さんできていた。仮にじゅんちゃんにしておこう。

そして、その夜のこと。

むっちゃんは寝付けずに、ぐずぐずぐずっている。

「ねえ、どうしてじゅんちゃんがおうちにいるの?」

と、台所を指すのだ。

もちろん、私にもおばあちゃんにも何も見えない。

「あっちにやって!」

と、ますます泣くむっちゃんは、とうとう手足をつ

もっとみる
ありあり~!

アベンジャーでリベンジャー

タイトルと内容は9割関係アリマセン。白色黒蛇です。

さてさて、リーディングフライデーやデザイナーズ会議でも申し上げました通り公式外伝を発売しました。ちょうどサプライズ&ドッキリを意識してこのタイミングになりましたが、この話自体は去年から考えて田島さん、武原さんと進めておりました。無料配信で外伝を書かれている方はおりますが、表紙付きの公式外伝を発売したのはあたしが最初ではないでしょうか?
櫻木さん

もっとみる

百物語84話目「めくれる」(実話怪談)

肉が焼かれてめくれているわけではない。

霊感のことだ。

私が好きな理論に、霊感の強い人と一緒にいると、次第に霊感が開花していくというのがある。

これはたとえば紙を何度もめくっていると、くせがついて、ちょっと浮いたようになり、開いてしまうことと同じだ。

霊感ゼロだった人が、霊感ありの人のせいで、急激に霊感がつくこともある。

これは、そんなお話。

友達がバーベキューをしていた。

そのバー

もっとみる
またきてねー!

百物語83話目「だ~れ~」(実話怪談)

私の電子書籍「帰りゃんせ」の読書会が浅草橋であった話は、前に書きましたが、

このときにも、いくつか怪談を収集しておりました。

参加者のひとりの男性が、学生の頃に廃屋探検をしたことがあるそうです。どう見ても和風な作りのその廃屋の一室を通ったとき、視線を感じて振り返ると、和室には不似合いなくらいの大きな洋画が飾られていました。

その洋画に描かれていたのは、恐ろしいほど痩せて、目ばかりがぎょろぎょ

もっとみる
またきてねー!

今週金曜日はNovelJamリーディングフライデー

この通り、正直顔出しははずっちぃですが色々作品について語る場となるでしょう。youtubeでも配信されるんで何卒ご覧下さいませ。

さてさて、年明け早々荒れております。

①セルパブ映画祭グランプリ

お分かりいただけますでしょうか?

拙作「ドクターアルファのティータイム」が
第1回セルパブ映画祭グランプリ受賞! 
新年早々幸先が良いぜぇ!!

②新作小説予告

そして、1月に入って間もないです

もっとみる

百物語66話目「同じ名前の人」(実話怪談)

冒頭は先日福岡PARCOであったムー40周年展に来福してくださった三上編集長とのツーショット写真。

ヒストリーチャンネルの「古代の宇宙人」ヘビーユーザーとしては、憧れの人だ。キャー、うれしー!!

さて、日野光里は高校に入ってからのペンネームだ。すでに旧姓よりも結婚期間中の姓よりも長く私と寄り添ってくれている。

「光里」で「ひかり」と呼ぶんだけど、旧姓に合わせるには、里をつけた方が、とてもいい

もっとみる
ありあり~!

第3回 白色黒蛇的NovelJam戦記

ドウモドウモ、ご無沙汰ってオリマス白色黒蛇です。

NovelJamのあの激闘からもうすぐ1月が経とうとしております。
早ぇっすねー……そしてもう12月も中盤切ってると、いやぁ終わっちゃいますよ2018年

そんな訳で少し間が空きましたが
「第3回 白色黒蛇的NovelJam戦記」やって参りますよ。
小題はこちら
・わーい「アイツ」にイラストが付いたよ。
・NovelJamの後白色黒蛇が繰り広げた

もっとみる

狼の瞳に落ちる夕陽

その日、私はひたすら走っていた。

陽が落ちる前に店につかなくてはならない。

なのに、どうして着かないの!?

完全に乗り換えをミスっている。

東林間って遠いのね。渋谷打ち合わせでも横浜に宿とったり、箱根に宿とったりするからね。巣鴨も実は遠いんだよね。もう東京自体が遠いから、距離感がまったくわからない。横浜も東京なら、埼玉も東京だよ!関東は全域東京って呼ぶよ!東京の人も福岡から来ましたというと

もっとみる
うれしー!

自己紹介一問一答:NovelJam2018秋

◯お名前:白色黒蛇
◯SNSアカウント:
Twitter:https://twitter.com/hakusyokuK

◯ご自身のキャッチフレーズを20文字以内で書いてください。
「電書作家爬虫類代表、文学フリ東京同時参戦」

◯現在、お仕事は何をされていますか?
新卒1年目の会社員(転職経験あり)です。

◯好きな作家、好きな作品は?(複数回答可)
好きな作品:「NieR Automata」「

もっとみる

オルゴナイトはメロンソーダで

※追々々々々々々記あり

昨日は仕事の傷心を抱えて、天狼院のファナティック読書会へ。大変楽しい時間でした。

それはまた次回以降取り上げるとして、帰りにイムズP2のモルモットを見に行きました。今かわいいメスモルちゃんがいるのです。昨日発見して、今日も癒されに見にいきました。

するとイムズの地下スペースでは水泳リレーのメダリスト松田丈志さんのトークショーがあってた。

もう人が並んでいるけど、脇の

もっとみる
ありあり~!

ブックオカ行って来た!

※追々々々々々記あり

昨日は急遽思い立ち、ブックオカに行ってきました。

ブックオカは毎年、福岡の書店さんにより開催される恒例イベントです。

以前は書店員眼鏡男子がお相手するメガネバーなる催しもありました。その際は忙しかったけど、タクシーで乗り付けて駆け付けた。

そんな萌え企画見逃すはずがありません!メガネ男子だけでも萌え萌えなのに、書店員メガネ男子っすよ!!今回、ブックオカのイベントの中で

もっとみる
うれしー!

殺人鬼が好きだ!

※追々々々々記あり

去年の今頃、私は上野の美術館で「怖い絵」展を見てた。東京に行くたびに隙があれば東京でしかやらない美術展を狙って見にいく。ミシャも見た。ミシャは福岡のデザイナーさんたちも知ってるだけで3人くらい、そのためだけに上京して見てた。

※追記:もとは本です。

さて、私が「怖い絵」展で一番見たかったのは、シッカートの絵だ。シッカートとは切り裂きジャックではないかと言われている絵描き。

もっとみる
ありあり~!