NovelJam 2018秋 参戦 / 観戦記など

426

百物語83話目「だ~れ~」(実話怪談)

私の電子書籍「帰りゃんせ」の読書会が浅草橋であった話は、前に書きましたが、

このときにも、いくつか怪談を収集しておりました。

参加者のひとりの男性が、学生の頃に廃屋探検をしたことがあるそうです。どう見ても和風な作りのその廃屋の一室を通ったとき、視線を感じて振り返ると、和室には不似合いなくらいの大きな洋画が飾られていました。

その洋画に描かれていたのは、恐ろしいほど痩せて、目ばかりがぎょろぎょ

もっとみる
またきてねー!
12