NovelJam 2018秋 参戦 / 観戦記など

1
ノート

NovelJam2018秋へ向けて、言葉との付き合いを振り返ってみた。

11/23-25、二泊三日の合宿で「著者」と「編集者」と「デザイナー」がチームを作り、ゼロから小説を書き上げ販売する「NovelJam2018秋」に参加することになった。正直今は、あまり考えないようにしている。それくらい、高揚もしているけれど、本当はそれ以上に、怖いと思っている。あぁ、でも、どうかな。本当は嬉しくて仕方がないのかもしれない。

「藤宮ニア」というペンネームは、馴染むほど使ってきたも

もっとみる
また読みにきてくれたらうれしいな。
27