NovelJam 2018秋 参戦 / 観戦記など

64
ノート

半年寝かせてあの日を想う 〜noveljam 2018秋 生還録〜【その4】

著者/編集者/デザイナーが入り乱れて戦う2泊3日の小説ハッカソン「noveljam」での強烈な体験を経て、何もかもが変わりました。八王子で味わった天国と地獄、そこから見えてきたことを赤裸々にレポートします。第4回にて、ラストです。

本記事で取り扱う時系列
■二日目
22:00~ 会場閉店後、自室にて作業
■三日目
05:00 開場(印刷のため)
07:30 朝食
08:00 チェックポイント

もっとみる

ついに天王星がおひつじ座から出てった

朝から花粉症がひどくて、ぐずぐず鼻が鳴っています。これも大きな星が動いた反動かしら?いやきっと昨日雨で今日が晴れ渡っているせい。

星占いをやってない人は、おとといがどんな重要な日かなんて知りませんよね。

ちなみに私がnoteを始めたのも星占いに言われたからです。

6日、天王星が完全に牡羊座から牡牛座へと抜けました!

いやあ、その日にゴーンさんが釈放されて、10億円動くって象徴的。さすが金を

もっとみる
またきてねー!
24

【NovelJam2018秋】ふりかえりとこれから

お久しぶりです。NovelJam2018秋・グランプリ戦、お疲れ様でした。受賞した皆さん、おめでとうございました。

とろとろと感想その他いろいろ心の中で煮込んでいたけれどこれ以上留めておくのは限界かなと思った2月下旬の日曜日夜。まずはグランプリ期間の行動について反省多めの履歴です。

【×】積極的に販促活動を行わなかった
地方住みならwebで行動するしかないじゃない。しかし積極的に動かなかった。

もっとみる
うれしい!
17

上がりつづける高度 〜noveljam 2018秋 生還録〜【その3】

著者/編集者/デザイナーが入り乱れて戦う2泊3日の小説ハッカソン「noveljam」での強烈な体験を経て、何もかもが変わりました。八王子で味わった天国と地獄、そこから見えてきたことを赤裸々にレポートします。

本記事で取り扱う時系列
■一日目
19:30 執筆開始
21:00 チェックポイント1(プロット公開)
22:00 会場閉店
■二日目
07:30 朝食
09:00 執筆開始
12:00

もっとみる

あなたの帰る場所は 完全版!

みなさん、こんばんは。一之瀬楓です。
今更ではありますが、2月1日にいちばん堂から「あなたの帰る場所は 完全版」を出版いたしました!!
この作品は元々Novel Jam2018秋に「あなたの帰る場所は」を執筆し、藤谷治賞を受賞しました。その時、藤谷先生から直々にいただいた赤入れを元に加筆修正し、さらに短編集2作品を追加したものです。

「あなたの帰る場所は」
都内に住む老夫婦。夫が認知症を患い、妻

もっとみる
ありがちゅー!
6

Novel Jamグランプリ!

来る2月1日はNovel Jamグランプリでした。
Novel Jamメンバーの皆様、審査員の皆様、お疲れ様でした。
そして、受賞された皆様おめでとうございます!!

11月の怒涛の2泊3日のイベントから約2か月。それぞれ、チーム別に新作を出したり、イベントを出展したり、それぞれがそれぞれの活動に勤しんだ期間だったと思います。私もラジオだったり、ライブで自分の作品をアピールしたりさせていただきまし

もっとみる
よっしゃラッキー!
5

【1月31日 08:46】

わ、昔の日記が出てきた。しかもちょうどぴったり1年前で止まってた。こんなグーゼンってある!?

 最後の日記、由貴が出て行った日だったね。もう終わりにしよう、って言ったら、由貴はわかってたって顔でうなずいて、いそいそと荷物をまとめて出て行った。2LDKに残されたわたしはひとりぼっち、この広い家を持て余して暮らしてきたよ。

 いまごろ由貴はどうしてるんだろう。あれから一度も連絡取ってないな。さみし

もっとみる

【1月31日 00:52】

丸1日ばかり涙が止まらなかった。流石にもう枯れて、泣き疲れて倒れるように寝ていたら、もう1日経っていた。目をさましてからは、からっぽの頭で終わりのことばだけを考えていた。締め切った部屋で、そんなふうに時間感覚もなくしていたから、携帯見るまで日付がわからなかった。もう31日になっていた。

 カーテンの隙間が白かったからたぶん今朝方、出かける直前だっただろうか、由貴がわたしの部屋の扉に向かって、小さ

もっとみる

【1月28日】

耐えられなかった。話している合間にもおかしくなりそうで。

 鏡に話しかけてるみたいで、気持ち悪くて。もうだめだ。

 なみだがあふれる。

 だmふぇだ

【1月27日】

まだ整理はできないけど、流石に聞かないといけない、と思ったけど、やっぱりまだ由貴の顔を見るのが怖い。今日も会わないようにした。ごめん、米だけは炊いたから。