マガジンのカバー画像

NovelJam 2018秋 参戦 / 観戦記など

422
このマガジンには「NovelJam 2018秋」の参戦記や観戦記などをまとめていきます。「NovelJam 2018秋」は、2018年11月23日から25日に大学セミナーハウス(… もっと読む
運営しているクリエイター

2019年2月の記事一覧

上がりつづける高度 〜noveljam 2018秋 生還録〜【その3】

著者/編集者/デザイナーが入り乱れて戦う2泊3日の小説ハッカソン「noveljam」での強烈な体験を経て、何もかもが変わりました。八王子で味わった天国と地獄、そこから見えてきたことを赤裸々にレポートします。

本記事で取り扱う時系列
■一日目
19:30 執筆開始
21:00 チェックポイント1(プロット公開)
22:00 会場閉店
■二日目
07:30 朝食
09:00 執筆開始
12:00

もっとみる

あなたの帰る場所は 完全版!

みなさん、こんばんは。一之瀬楓です。
今更ではありますが、2月1日にいちばん堂から「あなたの帰る場所は 完全版」を出版いたしました!!
この作品は元々Novel Jam2018秋に「あなたの帰る場所は」を執筆し、藤谷治賞を受賞しました。その時、藤谷先生から直々にいただいた赤入れを元に加筆修正し、さらに短編集2作品を追加したものです。

「あなたの帰る場所は」
都内に住む老夫婦。夫が認知症を患い、妻

もっとみる
なんかイケる気がする…!

「コミュニティ」へと変化するNovelJam

※本稿はいち個人の勝手な寸評です。予めご了承下さい

NovelJam2018秋は今月1日のグランプリで無事に閉幕した。11月末から約2カ月に渡る戦いの中では新しい試みが多く生まれ、外野から眺めている身としても大変刺激的だった。というか、あれこれ勝手に乗り込んですいません。

そんなわけで、大会結果は上記リンクでご確認下さい。

さて、今回の秋大会(以下第3回/第3回大会とする)は前回大会(同第2

もっとみる
どうもです。ラグビー日本代表で好きな選手は姫野と斎藤です

ノベルジャムグランプリ贈賞会報告!

東京から帰ってすぐに、実母が入院して実家に飛んでいったり、締め切りがあったり、打ち合わせがあったりしたので、報告が遅れてしまいました。明日も入院中の実母のもとへ片道4時間の実家へ行かねばなりませぬ。

さて、本報告!

すでに速報つぶやきでお伝えしましたように、なんと特別賞を頂きました!

これもみなさまのネタの提供と、スキボタンのおかげです!!

ありがとうございます!

あ~、びっくりした!!

もっとみる
うれしー!

NovelJam2018 秋 参戦記⑦フィナーレ

 フィナーレという名の蛇足です。
 自分用の備忘録として記します。
 なぜ当該イベントに参加する(した)のかを振り返りたいと思います。
 そもそも日本独立作家同盟に参加したきっかけは、5年前、JEPAの催事で代表・鷹野さんの講演を聞いてからです。「月刊群雛」に興味があったわけですが、そこに参画してもよいかどうかの見極めをしました。そんな無茶に継続性あるのか、が気がかりでした。
 グランプリのトーク

もっとみる
スキ、あなたのことも

受賞コメント的な

2018年ノベルジャム秋の授賞式で「みそしる戦争」が山田章博賞をいただくことになりました。

が、ちょうど遅刻して会場にいることができなかったため、ここで受賞コメント的な何かを簡単ではありますが、刻んでおこうと思います。

(メンバーの誰もがその場にいなかったことは後世に語られなくてもいいことである)

みそしる戦争受賞今回「みそしる戦争」にて「山田章博賞」を受賞しました。

この賞の評価はデザイ

もっとみる

Noveljam詩集 2018秋

詩を書きたいというひそかなモチベーション。
あまりにも強烈だったNoveljam体験を起点として、不勉強ながらも創作や編集についてずっと語っていたいジャムロス症候群。
長々と書き連ねるのなら、いっそ練習がてら詩にしてしまえという謎企画です。ご存知すぎる通りすでに2019年ですが、2018年のイベントですので気にしたら負けです。

RichTextForm五感にコンパイルされたとたん、転がり出す文字

もっとみる

【NovelJam2018秋】(45 まだまだちょっとだけ続くんじゃ)紙の本にしてみた

BCCKSで注文しておいた紙本、届きました。10冊。これを電子書籍版の読者プレゼントにしようと考えていたのですが……

表紙がカラーじゃない…… 指定漏れ。発行時にチェックボックスをつけるところ、デフォルトで「モノクロ」になっているのに気づけなかった最悪。

そして、目次に各話のページ番号が振られていない…… これも指定漏れ。発行時にチェックボックスをつけるところ、これもデフォルトでチェックが外れ

もっとみる
シェアしていただけるとうれしいです!

第4回NovelJamへのタイムカプセル

どうも、第3回NovelJamで全てのゴールを「最速」で切り抜けた著者
白色黒蛇です。

一昨日がグランプリでしたが、第3回の結果は残念なもんでした。
まぁ、なんとなく分かってましたが。
これは冗談とかでもなんでもありません。文字通りです。

何故なら、NovelJamで結果を出すために必要な「要素」がいくつか欠落していたからです。

これから語るあたしの最後の第3回NovelJam体験談が、第4

もっとみる

Novel Jamグランプリ!

来る2月1日はNovel Jamグランプリでした。
Novel Jamメンバーの皆様、審査員の皆様、お疲れ様でした。
そして、受賞された皆様おめでとうございます!!

11月の怒涛の2泊3日のイベントから約2か月。それぞれ、チーム別に新作を出したり、イベントを出展したり、それぞれがそれぞれの活動に勤しんだ期間だったと思います。私もラジオだったり、ライブで自分の作品をアピールしたりさせていただきまし

もっとみる
なんかイケる気がする…!

4コマ『みんな釘のせいだ』02話

ノイローゼか、それとも超能力なのか!? 釘の声が聞こえる和釘職人・宗方永治。
今回は釘のイチャイチャが聞こえる?

NovelJam2018秋(テーマ「家」)にて出版した小説『みんな釘のせいだ』の4コママンガ第2話更新です!
(画:藤沢チヒロ/原作:最堂四期)

子はかすがい

原作小説『みんな釘のせいだ』が気になる!BCCKSほか、Kindle、楽天koboなどでも読むことができます!
『みんな

もっとみる

NovelJam2018 秋 参戦記⑥

 はい、無冠のチームRISEです。
 当日審査以外に、二回目よりグランプリという審査軸が定められました。
 主に販促(よい作品あるよ前提で、どんだけ届け先を広める、深掘するか)によってどれだけ作品をひろげて世に届けたか、が主題です。
 本業が忙しかったとか言い訳もありますが、結果として動けていませんでした。アイデア(クラファンに近いもの)はあったものの実現に至りませんでした。
 他チームの動きもS

もっとみる
スキ、あなたのことも

NovelJam2018 秋 参戦記⑤

 残り時間1時間を切ります。
 規定文字数よりも2千文字以上オーバーしていたので、削りまくりの作業に入ります(おっそ)。中黒や、開いていた「かな」を閉じたりするのですが、ぜんっぜん文字数が減りません。つきぬけさんより削る場所の提案をされます。
 ラスト部分の『性欲』パートでした。え! そこ削っちゃうの? と思いましたが、どこを探してもそこしかありませんでした。ここでも初日稼働していなかったことがモ

もっとみる
スキ、あなたのことも

NovelJam2018 秋 参戦記④

 午前6時起床。日課の倒立とプランクを行い、朝食を摂りに食堂へ行きます。前回、前々回は糖質制限解除していたのですが、進捗が芳しくない中で眠くなるのを避けたかったので糖質制限をすることにしました。
 食後、執筆セットを抱えて会場に向かいます。すでにガシガシと創作を進めているひとが多かったです。徹夜組もいたようで、やっべ、と思い強制的にいくつかエンジンがかかりました。ひとりだとかかりにくいエンジンも、

もっとみる
スキ、あなたのことも